被災地から考える日本の選挙 - 河村和徳

河村和徳 被災地から考える日本の選挙

Add: efota29 - Date: 2020-11-30 16:24:02 - Views: 5251 - Clicks: 3684

『月刊選挙』にて連載中の「被災地選挙の諸相」の連載26回から50回までをまとめた『被災地選挙の諸相Ⅱ 選挙を通じて考える被災地復興の光と影』が河北新報出版センターより出版されました。. 東北大学出版会,. 来年で東日本大震災から10年。この間、「被災者だから」「被災者なのに」といった言葉をたくさん見聞きし、使ってきた。復興が曲がりなりに. 本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。. 定価(本体2,000円.

3)【共著】山本啓編『ローカル・ガバメントとローカル・ガバナンス』法政大学出版局. bookfan for LOHACO ストアの商品はLOHACO(ロハコ)で!【内容紹介】 被災地の選挙は、如何に行われたのか?“ネット選挙元年”に考える、選挙行政のあり方と情報技術の活用策。. 震災復興を訴えた現職大臣の落選―年福島県民意識調査から考える被災地選挙と復興 伊藤裕顕, 河村和徳 日本政治法律学会第4回研究大会 年11月2日 招待有り. | 河村和徳の商品、最新情報が満載!. 河村 和徳,高 選圭,湯淺 墾道『被災地から考える日本の選挙: 情報技術活用の可能性を中心に』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することも. 河村和徳, 湯淺墾道, 高選圭編著. 河村和徳・東北大学情報科学研究科政治情報学研究室 被災地から考える日本の選挙・日本の政治. なお,本稿は,被災地で起こっている状況について幅広く情報を共有することを目的とし ており,仮説検証型のスタイルは採らない。 〈特集2 震災と選挙〉 東日本大震災被災地の選挙管理におけるマンパワー不足 河村和徳 選挙研究 29巻1号 年.

被災地選挙の諸相II 選挙を通じて考える 被災地復興の光と影 作者:河村和徳,伊藤裕顕 出版社/メーカー: 河北新報社 発売日: /09/10 メディア: 単行本 著者の河村先生よりいただきました。選挙学会理事会の席で頂戴し、帰りの新幹線で読みました。いろいろと研究のアイディアにつながる大変. 2) 【共著】河村和徳編『被災地から考える日本の選挙』東北大学出版会. 衆院選の投開票から1カ月がたった。「1票の格差」を是正する区割り改定に伴い、県内の小選挙区は1減。東日本大震災からの復興を目指す沿岸部.

被災地から考える日本の選挙 - 情報技術活用の可能性を中心に - 河村和徳 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 主な著作としては、『被災地から考える日本の選挙』(共編著、東北大 学出版会、年)、『東日本大震災と地方自治』(ぎょうせい、 年)、『被災地選挙の諸相 現職落選ドミノの衝撃から年参議院選. 「知事の政治的態度と市長選挙-松山市長選挙をケースとして」『選挙研究』第16号、78-88頁。 学協会雑誌等 投稿論文(査読あり) ・茨木瞬・河村和徳. 著 被災地から考える日本の選挙-情報技術活用の可能性を中心に. 東北大学出版会,()河村和徳,湯淺墾道,高選圭 ISBN.

情報制約下における投票支援システムの可能性:年参院選有権者調査における争点投票の正確さ, 堤英敬, 上神貴佳, 河村和徳・湯淺墾道・高選圭編著『被災地から考える日本の選挙:情報技術活用の可能性を中心に』東北大学出版会, 河村和徳・湯淺墾道. 1 叢書21coe-ccc多文化世界における市民意識の動態 / 慶應義塾大学21世紀coeプログラム多文化市民意識研究センター 編 32. 被災地から考える日本の選挙: 河村和徳, 湯淺墾道, 高選圭 編著: 東北大学出版会:. 6: ポスト合併時代の「広域行政」と「住民自治」について考える : 宮城県の合併自治体の事例を中心に: 河村和徳 著: 河村和徳:. 河村和徳・東北大学情報科学研究科政治情報学研究室 被災地・東北から考える日本の選挙、日本の政治. 所属 (現在):東北大学,情報科学研究科,准教授, 研究分野:政治学,図書館情報学・人文社会情報学,小区分06010:政治学関連,図書館情報学・人文社会情報学,公法学, キーワード:地方政治,地方自治,選挙管理,選挙,東日本大震災,民主制下での復興,原子力災害,政治情報,地方議会,地方議会会議録, 研究. 東日本大震災の発生によって、統一地方選挙に行われる予定であった被災三県のほとんどの選挙は延期となった。 そして、延期されたそれらの選挙のうち、津波災害や原子力災害の影響で避難者が数多く出た自治体の選挙は、全国からの支援を受けて行われ. 書名: 被災地から考える日本の選挙: 著作者等: 河村 和徳 湯淺 墾道 高 選圭: 書名ヨミ: ヒサイチ カラ カンガエル ニホン ノ センキョ : ジョウホウ ギジュツ カツヨウ ノ カノウセイ オ チュウシン ニ.

被災地から考える日本の選挙 情報技術活用の可能性を中心に - 河村和徳/編著 湯淺墾道/編著 高選圭/編著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!. 慶應義塾大学出版会. 『被災地から考える日本の選挙―情報技術活用の可能性を中心に―』 河村和徳、湯淺墾道、高選圭 編著. 河村和徳 | HMV&BOOKS online | 1998年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。現在、東北大学大学院. Pontaポイント使えます! | 東日本大震災と地方自治 復旧・復興における人々の意識と行政の課題 | 河村和徳 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 東日本大震災の特徴を考える/被災地における利他的活動はどうだったかー調査結果にみる仙台市民のボランティア活動・節電行動/在日大使館が必要としていた被災地情報ー被災地からの情報発信とその課題/震災と「地域の足」の確保ー事業者側の視点. researchmap is provided by Japan Science and Technology Agency. 1: 被災地から考える日本の選挙 - 河村和徳 市町村合併をめぐる政治意識と地方.

Amazonで和徳, 河村, 選圭, 高, 墾道, 湯淺, 選圭, 高の被災地から考える日本の選挙: 情報技術活用の可能性を中心に。アマゾンならポイント還元本が多数。和徳, 河村, 選圭, 高, 墾道, 湯淺, 選圭, 高作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 被災地から考える日本の選挙 : 情報技術活用の可能性を中心に. 目次 : 東日本大震災の特徴を考える/ 被災地における利他的. Election environment in the disaster-affected area after the Great East Japan Earthquake : focusing on the future of the e-voting system. 財団法人 明るい選挙推進協会 コーナー 特集 参議院選挙 参議院選挙の意義(中島 勝) 4 被災地から考える参議院選挙(河村 和徳)6 選挙が百倍おもしろくなる!(夏野 剛) 8 ネット選挙解禁で政治はより難しくなる(永久 寿夫) 10. researchmap is an information sharing platform for the researchers.

東北大学出版会,()河村和徳,湯淺墾道,高選圭 ISBN. 東北大学から、河村和徳・湯淺墾道・高選圭編著『被災地から考える日本の選挙―情報技術活用の可能性を中心に―』が. Amazonで和徳, 河村, 選圭, 高, 墾道, 湯淺, 選圭, 高の被災地から考える日本の選挙: 情報技術活用の可能性を中心に。アマゾンならポイント還元本が多数。和徳, 河村, 選圭, 高, 墾道, 湯淺, 選圭, 高作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 被災地の選挙は、如何に行われたのか? “ネット選挙元年”に考える、選挙行政のあり方と情報技術の活用策。 被災地から考える日本の選挙 / 河村 和徳/湯淺 墾道/高 選圭【著】《コ/ソンギュ》 - 紀伊國屋書店ウェブストア.

被災地から考える日本の選挙 - 河村和徳

email: bovej@gmail.com - phone:(826) 740-6411 x 9559

女四書・新婦譜三部書全釈 - 山崎純一 - バルサック戦記 片翼のリクと白銀のルーク

-> クラリスインパクト入門 - 木田あつ子
-> 浅野和三郎著作集 永遠の大道 - 浅野和三郎

被災地から考える日本の選挙 - 河村和徳 - 鹿沼地区


Sitemap 1

ハローキティめいろたのしいこといっぱい - 山本省三 - 博士と助手